admin のすべての投稿

知っておくと安心?もし心の病になっても慌てないために

知らないことや分からないことって少なからず不安が伴うものです。自分が心の病かもしれないと思ったとき、精神科や心療内科といった心療系の医療機関を訪ねると思いますが、なじみのない診療科だけに、どんな場所か?どんな検査をされるのか?と不安に感じるかもしれません。どんな診察をされるのかが少しでも分かっていれば、不安も軽減されるはずです。

 

まずは心療科の診察といっても基本的には内科などの医療機関と大きな違いはありません。どんな診療科でもそうですが、インフォ―ムドコンセント(十分な説明と同意)を原則としていますから、医師との話合いでは患者さんが納得できるよう説明を求めることができます。特に心の病では医師との信頼関係が治療を大きく左右します。不安な点があればどんどん尋ねたほうがよいでしょう。

 

診察室は基本的にシンプルにつくられていることが多く、患者に心的負担がかからないようレイアウトされています。診察ではまず、名前、年齢、職業、独身か既婚かといったことを質問され、来院は自分の意志かどうかなどが確認されます。その後症状について聞かれますが、ここでは自由に自分の悩みや苦しみを話すことができます。医師はあなたの言うことを遮るようなことはせず傾聴してくれるでしょう。

医師は話を聞いて、自分が引き受けられるか、他の医療機関を紹介すべきかを判断し、前者であれば治療計画を提示しくれます。その治療計画を了承できれば治療へ進み、拒否すれば終了ということになります。

 

いかがだったでしょうか?もちろん各々の病院によって多少の違いはありますが、大まかには上記のような流れで進みます。心の病の治療は症状によっては長期に渡る場合もありますから、信頼できる医師との出会いが大切です。合わないと思ったら拒否することもできるので、まずは一度受診をしてみることをお勧めいたします。

https://www.michiwaclinic.jp/

婚活でうまいくいく男性の特徴にはなにがある?

婚活でうまくいく男性とうまくいかない男性、その違いをあえてひとつだけ挙げるとするなら、『配慮ができているかどうか』ではないでしょうか。

 

現実には男女が惹かれ合う理由はさまざまです。一目ぼれだってあるでしょうし、尊敬や頼りがいなど、多くの体験のなかで培われていくこともあります。しかし婚活という場では相手を限られた時間のなかで判断しなければなりません。そういった状況下では自分を出しつつも相手を不快にさせないことも大切になってきます。

 

ここでいう配慮とは、なにも女性に優しくすればいいということだけではありません。例えば身だしなみに気を遣うことだって、相手に対しての立派な配慮です。自分のことだけ話すのではなく、相手の話すことをしっかり聴く姿勢や、周囲のスタッフにも気を遣えることも配慮です。

 

そしてそのような姿勢は、相手にとって居心地の良さを提供できるものです。婚活は選ぶ立場であると同時に選ばれる立場でもあります。配慮ができているかどうかをあらためて考えてみてはどうでしょうか。

https://mens-konkatu.info/miyamotohikarublog/

遺伝子治療はがん治療に有効なのか?

「がんは遺伝子がコントロールを失い暴走した状態である」
これはどういうことでしょうか?

これを語るには、がん細胞がどんな特徴を持っているかを考えてみる必要がありそうです。がん細胞がもつ特徴は大きく二つあります。それは『不死』と『増殖』です。

正常な細胞は長くても半年ほどでその一生を終え、自ら死んでいくようにプログラムされています(アポトーシス)。しかしがん細胞は死ぬことはなく、正常な細胞に必要な栄養を奪い、いつまでも生き続けます。そして臓器や他の組織に至るまで増殖を繰り返し、深刻なダメージを与えていってしまうのです。

正常な細胞は自ら死んでいくことと、必要に応じて細胞を増やすことと止めることがコントールされています。しかし、がん細胞はそのコントロールを失ってしまっているのです。
それはまるでアクセルとブレーキが壊れた車だと言えるかもしれません。

近年その研究が進み、効果を上げている遺伝子治療は、そうした遺伝子のコントロールを正常な状態に戻してあげようとするものです。もともと人が宿しているものですから、副作用がほとんどないという大きな利点があります。

国内でも遺伝子治療を取り扱う医療機関が増えつつありますから、今後のがん治療を大きく変えるかもしれません。
https://tenjin-cc.net/

不妊治療で生じやすい問題、夫婦間のずれ

不妊治療では検査や身体の健康も大切ですが、案外見落としがちな大切なことがあります。
それは夫婦間のコミュニケーション。

不妊治療は患者さんによっては長期化することも多い治療です。そのようなとき浮き彫りになってくるのが、夫婦間の『子どもをのぞむ熱量の差』なのです。
妻は体外受精をしてでも子どもが欲しいと思っているのに夫はそこまでして欲しくないと感がえていたり、度重なる検査や結果で辛そうな妻の姿を見て「もうやめよう」と言い出す夫がいたり・・・こうした意識のずれが原因となり、夫婦間がギクシャクしたり、最悪の場合離婚に至ってしまうこともあるのです。

ですから不妊治療を進めるうえで、夫婦間のコミュニケーションはひじょうに大切な要素だといえるでしょう。治療を進めていてなんらかの不安がよぎるようなら、早めにそのことをパートナーに伝えてみてください。放っておいて不安が大きくなると、焦りや心配も重なり、冷静に話し合うことが難しくなってしまいます。

不妊治療をなるべくストレスなくすすめるためにも、夫婦間のコミュニケーションは大切な要素なのです。

https://biyonai.net/