不妊治療で生じやすい問題、夫婦間のずれ

不妊治療では検査や身体の健康も大切ですが、案外見落としがちな大切なことがあります。
それは夫婦間のコミュニケーション。

不妊治療は患者さんによっては長期化することも多い治療です。そのようなとき浮き彫りになってくるのが、夫婦間の『子どもをのぞむ熱量の差』なのです。
妻は体外受精をしてでも子どもが欲しいと思っているのに夫はそこまでして欲しくないと感がえていたり、度重なる検査や結果で辛そうな妻の姿を見て「もうやめよう」と言い出す夫がいたり・・・こうした意識のずれが原因となり、夫婦間がギクシャクしたり、最悪の場合離婚に至ってしまうこともあるのです。

ですから不妊治療を進めるうえで、夫婦間のコミュニケーションはひじょうに大切な要素だといえるでしょう。治療を進めていてなんらかの不安がよぎるようなら、早めにそのことをパートナーに伝えてみてください。放っておいて不安が大きくなると、焦りや心配も重なり、冷静に話し合うことが難しくなってしまいます。

不妊治療をなるべくストレスなくすすめるためにも、夫婦間のコミュニケーションは大切な要素なのです。

https://biyonai.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>